2007年5月20日日曜日

ルイージ逮捕&酒飲んで大麻吸って暴力ゲームやって逮捕された20歳男性

FFにもっと黒人を出してくれ
スクエニのイベント(FFのイベント?)で、開発者へ直接送られるメッセージを募集したところ、「FFにもっと黒人を出して欲しい」と書かれたメモがあった。

このことについて、
>俺もFFⅩⅡで黒人のキャラ作ろうと思ったけど無くてガッカリだった
>俺は典型的なラテン系キャラを出して欲しい
>じゃあ、俺も正直言えば白人を出して欲しい
>白人はいくらでも出てるだろ。
>なら俺もNBAのゲームでもっと白人を出して欲しい
>じゃあ、もう肌の色は全員虹色でいいよ
>なんでもいいからもっと女の子出して


といった意見が出ていますが、この中でFF内白人率について、多い、少ない説が出てます。
クラウドあたりを日本人なのか白人と考えるかについてのようです。
"どう見ても白人"という意見と、"我々には白人に見えても、アジア人(日本人)からみればアジア人に見える"
さらに"白人として描く時の特徴が見られないため、アジア人にも見えるように書いてある"など、様々な意見がでてました。
"製作者が「日本人として描いた」とインタビューで答えていた"
"日本国内では99%が日本人だから民族関係の問題が起きないから黒人を出すことに重要性を感じていないのが現状"、
"でも世界を見渡せば99%がアジア人なわけじゃないんだから、もっと考えて作って欲しい。そのほうがストーリーを作れるのは明らかだろう"


これらの意見に対して、"この字が汚さからして、黒人の少年による、ただの夢あふれる書き込みなんだから、そんなスクエアの国際上の立場やら黒人が不平等と感じてることへのクレームだとか深く考えるなよ"という書き込みの後、
"brown vs board of education"(Brown氏対Board氏の判例)を知っておくべきとしてリンクが貼られています。
この判例は以前アメリカで黒人と白人の通う学校が別れていたこと、それを州が推奨しないながらも認めていたことに関する裁判のようです。結果、このことは差別と認められ、改善の努力がなされたようですが、このコメントに貼られたリンクは、Clarks' doll experiments (クラークの人形の実験)へのものでした。これは黒人の子供に人形を与えると黒人の人形より白人の人形を好む。ぬりえなどで、黒人に比べより薄い色(白)を使って肌を塗る傾向があるという実験結果から、黒人の子供でさえ、差別を受けている現状から黒人を悪い、醜いと感じていることを示しているものだそうです。
これが、この書き込みが黒人の子供による書き込みという部分を否定したものか、日本人にもこれが当てはまる(だから彼等(日本人)はキャラクターを白人に近づけて描くのだ)と言いたいのかはよく分かりません。

日本の白人優位な考え方はいつから始まったんでしょう?江戸末期とか明治初期くらいにはお互い奇異の目で見ていたような印象があります。
日本人は彼らを"赤ら顔、鼻がはなはだ高い"などとして好意的に解釈していない気がしますし、
(ちなみに、ヨーロッパから来た男性の意見では"日本人は小さく、男は醜いが女は美しい"と評し、女性は"日本人は小さく、男も女もひどく醜い"と書き記していたと、何かで読んだ気がします。)
それが敬意に変わっていったのは明治維新前後や不平等条約あたりでしょうか?戦争に負けたことでしょうか?
"我々は白人より劣っているのだから、日本の文化など捨てて欧米化するべきだ"みたいなこというやつが昔から今まで常にいますからね(文化人にも)。


ニンテンドーパワー終了の噂
震撼しています。それほど面白い(ネタ重視な)書き込みはなく、皆、悲しんでいるのみです。
これは欧米で古くからあるゲーム雑誌"ニンテンドーパワー"が休刊するかもしれないという噂を取り上げたものですが、
私はこっちのニンテンドーパワーを思い出しました。
ローソンのサービスはもう終了していたものの、任天堂にロムカートリッジを送ればサービスは続いていたということは聞いていたんですが、もうサービス終了していたんですね。

っていうか、これを聞き違えて雑誌休刊と勘違いしてるんじゃ?

ユーザーのゲーム事情に関する広告
オンラインゲームに関する情報から、ユーザーのgoogle利用状況を心理学的に整理する計画を立てている。
分かりやすくいうと、googleは我々の利用状況をスパイした結果をまとめて、ネットゲームプレーヤーを対象とした広告システムを作り、企業から利益を得ようとしているかもしれないということだ。

googleはこれを利用者の傾向を分析するために利用するだけで、商業利用は将来にも行うつもりはないと言っている。
だが、近い将来私のブラウザにお勧め情報表示ツールが組み込まれ、見たくもない情報を見せられうことになっていくかもしれない


BattleField2142ではゲーム内に広告があるらしく、これに対して
「テレビみたいに広告料取るんならタダでゲームさせろよ!」
「その分お金払えば広告がで無くなるんならべつに気にしない」等の意見が見られた

PS3は10年以上先を見越している
SCE-Americaの社長Jack Trettonは、今現在100万台売れていないとしても、"我々は何十年、それ以上を見越している"と答え、最終的には自分たちが勝つことをほのめかした

現在のPS3フォーラムでは、"高級レストランに行っても食べるものが何もない状態"
と呼ばれている。

"PS3はあと10年は戦える"
とか言いたいところですが、現状、それを裏付ける根拠はないようで

リサイクル:PS2に座ろう
イギリスの家具会社"Trendy British Furniture"が作った試作品のデザインが公開された
このイスのプラスチック部分にPS2のボディを100%使用しており、100リサイクルプラスチック製品ということになるそうです。
9月に発売予定で、値段は99英ポンド = 2.36844 万円

ゲームするのも座るも同じく100ポンドということになるらしい

PS2のボディは廃棄できないため、どこかの国の輸入制限(EU?)に引っかかったことがあるって聞いたことがあります。
これで処分時の問題は解決かな?いや、処理にもお金(石油)かかってるのかもしれませんが。値段結構高いし。

ルイージが逮捕されたらしい
アメリカのアニメ"キャプテンN&マリオブラザーズ3"等でルイージの声を演じたTony Rosatoが奥さんへの"犯罪性のあるいやがらせ"によって拘束されているらしい

彼は妻や子供に対し"大変ひどい"行いをしてきた経緯があり、ついに警察を呼ばれ逮捕された。
彼は妻と子供を"誘拐された。詐欺師に連れて行かれた。"
と証言している

どうやら、奥さんと娘は行方不明らしい。カプグラ症候群と呼ばれる精神病の可能性が疑われていて、この病気は、「周りの人間がみな宇宙人か何かによって送り込まれた偽者に入れ替わっている」と考えるようになるらしい。

以下コメント
>ボディースナッチャーだな。
>これがルイージがNo2であり続ける理由だね
>マッシュルーム食べすぎ
>ルイージは常に逆境にいるね
>ルイージマンションって実は…
>おまいらユーモアあふれてるな
>やつの嫉妬が向かう先は……マリオが危ない!

サンフランシスコのオタク向けホテル
ジャパンタウンにあるHotel Tomoスイートルームを予約だけしてみた。
26インチ液晶フラットディスプレー
映画、ゲームを楽しめるケーブルテレビ
有線、無線の高速インターネット
iPodステーション付きラジオ
6フィートプロジェクタースクリーン+投影機
PS3、Wii
その他電子レンジ、冷蔵庫、バスローブ等いろいろありますが
こんなに娯楽が充実してるのは日本のホテルってよりラブホテルに近いんじゃないかとコメントされています
ちなみに、上にあげた設備は、スイートだけではなくどの部屋にもあるサービスみたいです。

このホテルは日本文化に影響を受けていて(日本のホテルはこんなものとか勘違いしてるわけではない)、日本のアニメ風の壁画が125ある部屋全て別に描かれているらしい。
JapanTownには着物ショップに寿司バー、歌舞伎座、日本の伝統的コミュニケーション浴場(銭湯)もあるそうです

警察はララが怖い
コンピュータショップの店頭には、トゥームレイダースのララの人形(マネキン)が銃を持ったまま立っている。(eBayのオークションで落札したものらしいが)
このララの持ってる銃を本物だと思った警察が押し入った。
店主は13時間拘束され、銃不正所持の罰金を払わされ釈放された

写真を見る限りでは怪我も負っているのでしょうか?
現在、警察からは謝罪もなく、ララの人形も証拠品として押収されている。

ところで、写真左下のレイ・ブラッドバリーは写真とった人の名前でしょうか?


どきどき魔女神判、中国で発売
英語版のほうも待たれているようです。

韓国のMMOゲームで少女達が非行に走る
"オーディション(邦題:ダンシングパラダイス)"というタイトルのオンラインでダンスバトルをするゲームで、ゲームキャラのアクセサリを買うために売春をしたり、タバコをすったりすることが問題になっているらしい。
このゲームは全年齢対象であるらしいのですが、ほとんどが低年齢層の少女であるそうです。
このゲームはキャラクター(アバターと呼ばれる自分の分身のようなもの)に着せる服やアクセサリを手に入れるために実際のお金が必要であり、それを稼ぐために売春をする子もいるらしい。
タバコのほうは関係ない気もしますが、このゲームには、他のプレーヤーとペアを組むシステムがあり、そのために少女がペアを組んだ相手と実際に会い、それが大人だったりすることもあるためにこのような事が起こっているのだそうです。
投稿者はこれを"対象年齢の設定を完璧に誤った"と言っている。
リンク先のページを見ると、結構大きな問題になってるように見えます。
しかし、kotakuの人たちの反応は意外と弱い。
どうやら、
・犯罪者が少女を狙って起こるような事件ではないため(少女らが合意の上で売春をしているため)。
・少女といっても、中高生位だから(一桁台とかじゃなく、ある程度判断力があるはずのティーンエイジャーだから)

ということで、大人側やゲームを一方的に悪者にするべき話ではないということのようです

酒飲んで大麻吸って暴力ゲームやって流血沙汰
20になるドミニク・アンダーソンは酒を飲んで大麻を吸ってSaints Rowというゲームを遊んだ後自分の腕を切り、自分の胸を刺そうともした。その後、夜中の11時に家を飛び出し、走っている車に飛び乗ろうとしたり、その様子を見ていた通行人をナイフで脅したりした。結局彼は、その場に駆けつけた警官が周りにいる人々を避難させた後、警棒で何度も殴って取り押さえた。

精神鑑定官は、
"Saints Row"には車の上に飛び乗り、運転手を引きずり出して車を奪うシーンがある。これはアンダーソンの行動と驚くほどに一致している。大麻を吸った人間はもっと強い悩みのある(妄想に取り付かれたような)状態になり、このような症状は存在しない(故に、ゲームが原因である…ということを言いたいらしい。)

アンダーソンは9ヶ月の牢獄、2年間の拘束、150時間の社会奉仕を言い渡された。
「アルコールと麻薬とゲームと刃物は破滅のレシピだ」

でも、これでゲームを責めるのは間違いでしょう。
コメント読んでも、これは笑うしかないって感じですね。

1 件のコメント:

jwh-122 さんのコメント...

正直に言うと、私もそれは上記のトピックに情報のまともな作品を見つけることがいかに難しいか想像できませんでした。
jwh-122